個性的なわが家の姫の歩み

ダウン症の娘の育児日記です。両親に良く似て本当に個性的な子です。

ばぁば登場

私の母は姫が生まれてすぐにダウン症と知らされ、恐らく大分ショックだったと思う。(親族の中で多分一番ショックだったと思う)


ショック時期を通り過ぎ、ダウン症というものがどんなものか知り、今は単純に可愛い孫として結構な甘やかし時期になった(笑)


母にとって4人目の孫だけど、久々の孫なので「もう忘れちゃったわ~!何が必要だったかしらね~」って、毎回新しい絵本を持ってきてくれる。


ゆっくり成長していても、「凄いね~毎回来る度に成長しているね~。重くなったね~ばぁば長く抱っこ出来ないわ」と喜んでくれる。


先日職場でダウン症の息子さんが居る方が奥さんと息子さんを連れて来ていたので、母に紹介してくれたらしい。


「中学3年生ですって!お話は出来ないけどちゃんとお辞儀して挨拶してくれて握手までしてくれたのよ!」と嬉しそうに話していた。


「奥さんがね、家で良ければいつでも遊びにおいでって、お友達いっぱい作ってあげてねだってよ」と。


いつも思うけど、ダウン症のお子さんが居る方って本当に優しくて親切な方が多くて嬉しい。と言うかホッとする。


ウエスト症発症した時も親の会の方が、他のウエスト症発症した会員さんを紹介して下さって、とっても心強いメールを下さった。


自分もそうやって誰かに少しでもホッとさせる事が出来たら良いなと思う。


2ショット写真撮り忘れたけど、そんなばぁばは姫とディズニーランドに行くのが夢なようで、出来ればばぁばが元気に列に並べるうちに連れて行きたいな。(失礼ねそんなに直ぐ老いないわ!って言われそうだけど(笑))


他の孫とは結構2人きりでディズニーによく行っていたけど、姫は2人きりで行けるかしら( ̄▽ ̄;)💧


行けたらいいな(*^^*)


ばぁばがサクサク歩けるうちに、姫もてくてく出来るとしたら、それは私の夢でもあるかな。


今日の姫さん手足が通電?!



そして、忍!変身!


にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村