わが家の姫の歩み

ダウン症の娘の育児日記です。両親に良く似て本当に個性的な子です。

しゃがむ(・_・)

こんばんは!


今日も元気に保育園行きました!

少しずつ慣れてきているのかな?という感じです!


保育園行く前の我が家で朝、ん???

変な格好???

立てないけど、しゃがんでる風(・_・)

因みにTシャツがなまけもの柄(笑)


しゃがむのと、立つのって、しゃがむ方が簡単なのかな?


保育園で朝、先生と姫さんのプップ~~噴射について話してましたが、そこで前歯の上が遂に生えそうじゃない?!と発見(・_・)!


下の歯2本生えてから早5ヶ月、、、


遂に上の歯が生えそうです!


夜はパパとプレミアムフライデーのジャズ演奏聞きに行って拍手してたそうです( ̄▽ ̄;)


そんなこんなで、元気にやってます!


おやすみなさい~~


にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村←ご覧頂きありがとうございます!ポチっとお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村

補聴器の重要性

仕事上補聴器を扱うことが多いので、聴こえについて少しだけ分かりやすく紹介します!


基本、私が仕事で扱っているのは年配の方が多いので、加齢性難聴の方が殆どですが、若いうちに中耳炎をした、騒音下でずっと働いていた等が原因の方もおられます。


生まれつき先天性の方は、補聴器の必要性が重視されるので早いうちからケアされている方が多いですね。


耳ってとっても複雑な作りですよね。

耳と脳ってとても重要な関わりがあるんです。


例えば耳の良い人が

「佐藤さん」と聞き取れるところが


耳の聴こえにくいおばあちゃんには

「加藤さん」や「阿藤さん」等に聴こえてしまうことがあります。


では、このおばあちゃん、補聴器を着ければちゃんと「佐藤さん」と聴こえるのでしょうか?


実は、聞こえない場合があります。


・音を聴く力

・音を聞き分ける力

この二つは別物なんです。


長期間聞こえない状態を放置すると、音を聞き分ける力が無くなっていきます。耳って刺激が減っていけばどんどん退化してしまうんです。


仮にこのおばあちゃん、聞こえない状態を20年放置していたとすれば、音を聞き分ける力が無くなっているので、補聴器を着けても「音は聞こえるけど何を言っているか?分からない」となります。


そしておばあちゃんにとって補聴器の存在は「雑音の根源」でしか無くなります。


人間は沢山の音の中で暮らしています。

その中で

必要な音

不要な音

を勝手に脳で仕分けしているのです。


耳を澄ましてみると、換気扇、冷蔵庫、外の車の音、風の音色々しますよね。難聴の方には聴こえていない沢山の音があります。


長期間この音が無い状態でくらしていたらどうでしょう?

そして補聴器で突然聞こえたらどうでしょう?


うるさいし、鬱陶しいですよね。しかも何の音なのか?すら分からない。


でも、じゃあ必要ない聴こえなくて良い音なのでしょうか?

皆聴こえているのに?


もしも補聴器を着けて聞こえるのであれば、必要な音ですよね。


大きな声で話せば聞こえるから大丈夫!


本当に大丈夫なのでしょうか?ちゃんと内容を理解して間違わず会話出来ているのでしょうか?



よく言われます。

「まだ聞こえるから大丈夫」

「もう少し悪くなったら考える」

「困ってない」等、、、


全然聞こえてないですし、私が大きな声で話してます。

もう少し悪くなったときには、もう効果は期待できません。

本人はあまり困らないですよね、周囲が困っていることもあります。


このように、加齢性難聴の方は徐々に聴こえなくなっていくので、ご本人の自覚が無かったり、補聴器への抵抗感でせっかく聴こえる耳を、自分から聞こえない耳にしてしまう方も凄く多いです。


上記は、殆んど加齢性難聴についてですが、ダウン症の子供も難聴の子が比較的多いので、


・音を聴く力と

・音を聞き分ける力

については同じです。


言語、脳の発達に大きな影響があります。


補聴器を着けて効果がある耳ならば、早くに着けてあげることが大事です。

ざっと書いてしまいましたが、誤解をされてしまうと困るので強調しますが、効果がある耳ならばです。

生まれつき鼓膜の無い場合等、難聴にも沢山の種類があるので、医師の指示に従うことが優先です。


姫さんもじきに耳鼻科で検査を受けますが、聴力によっては補聴器を着けようと思います。


にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村←ご覧頂きありがとうございます!ポチっとお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村

もも肉食べなよ(・_・)

相変わらず意味不明のタイトルで始まります!


会社の上司が1週間ぐらい前から肉体改造しています。基本2人で仕事に廻っているので、昼御飯はいつも一緒に食べているのですが、肉体改造を初めてから


・キャベツ千切り

・サラダチキン

・ゆで玉子

・ミニおにぎり

・ちくわ


ってな感じで結構ストイックに食事もやっています。

因みにおやつにプロテイン飲んで、仕事帰りにジムに寄っているようです。



えと、この肉体改造を始める前は、「今日お昼どうする?」的な感じでわりと食事を楽しむ人だったので、キャラが変わってきたと言うか、、、


食事の残念感が伝わってきます(笑)


私も妊娠中、糖質制限をしていたので、気持ちは良くわかります!正に「うまいものは糖と脂で出来ている」なんですよね~(笑)


その上司が今日ぼやきました。

「なんかさ~鳥むね肉とか、ささみとかさ~そそんないよね~そそんないよね~味のあるもも肉とか食べたいよね~」とな( ̄▽ ̄;)


私、突っ込みました

「もも肉ぐらい食べなよ( ̄▽ ̄;)」


そもそも、今まで運動もせず、好きなもの食べて、家でビール飲みまくってつまみ食べてたところを、ビールやめて、運動して、食事制限してるならもも肉ぐらい平気だと思う( ̄▽ ̄;)


もも肉ぐらい食べなよ( ̄▽ ̄;)(汗)

どんだけ急にストイックになってんのさ!

そんなにストイックにやったら絶対続かないし(・_・)



この上司の肉体改造計画、いつまで続くかね~(笑)


まぁ、見守りましょ(笑)


今日の姫さんブログは後程、、、。



にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村