わが家の姫の歩み

ダウン症の娘の育児日記です。両親に良く似て本当に個性的な子です。

勇気を持って書いちゃいます。特別児童扶養手当について。

こんにちは!

朝もはよから部屋中コロコロしてくれてる姫さんです。


今日は特別児童扶養手当について記載します。


これ、税金も絡む事だし、収入も絡む事だし、案外口外しづらい内容なのですが、うちのようにボンビー家庭でダウン症のある子を出産された方の為に記載します。


実際私もネットでめっちゃ調べたのですが、知りたいことが全く載っていませんでした。


全体的に福祉のシステムって凄く複雑で、申請も全部別の担当者だったりで、全然訳ワカメなケースが多いです。(例えば療育手帳と特児と受給者証の担当者は全部別だったり、、、)


我が家の姫さんは1歳で療育手帳の申請をしました。


療育手帳とは、知的障がいのある子等が貰える手帳です。(障害者手帳とは別のものです)


今回は特別児童扶養手当の話ですが、ついでに療育手帳の申請手順も書きます。


療育手帳の申請

1、役所の福祉課に療育手帳発行の申請をします

2、児童相談所での面談の日程が封書で来ます

3、児童相談所での面談で判定します

4、福祉課に手帳が届くので取りに行きます


大体申請してから受け取るまで3~4ヶ月かかります。(自治体の混み具合によってばらつきがあります)


療育手帳は都道府県で発行しているものになります。判定の結果により都道府県で頂ける手当があります。軽度な場合頂けないので、今のところ姫さんは頂いてません。




次に特別児童扶養手当について

特別児童扶養手当は国で審査し、国から頂ける手当です。療育手帳は都道府県から頂くものなので、審査基準が違ったりします。


今回どうして私が敢えて特別児童扶養手当について記載するか?と言うと、特別児童扶養手当は療育手帳B2判定では貰えないのでは?と思っていたけど、B2でも申請が通ったからなのです。


特別児童扶養手当の申請

1、申請用の診断書の用紙を役所の福祉課で貰ってくる

2、かかりつけ医に診断書をお願いする

3、福祉課に診断書と申請に必要な書類一式提出

4、審査結果が封書で届く



特別児童扶養手当は基本療育手帳A判定なら診断書も必要なくそのまま頂けるのですが、ダウン症のある子はわりと早めに療育手帳の取得をする子も多く、小さければ小さいほど他との差も少なくB判定の子も多いです。(大きくなるとA判定になる子が多いですが)B判定だからと言って、治る訳でも無いし先々の不安も大きいし、出来れば将来のために頂いておきたい特別児童扶養手当。


姫さんは療育手帳の判定の際に判定員の方に「B2だと特別児童扶養手当は申請しても無理ですよね?」と聞いてみました。すると、、、


「いえ、特別児童扶養手当は審査基準がまた別で、てんかんもお持ちだし申請してみても良いんじゃないですかね」と言われました。


あ、そうなんだ。と思い、手帳の受け取りの際に役所の福祉課で訊ねると、恐らく普段あまり専門で無い方の対応でマニュアル通り「B2ですと特別児童扶養手当は対象外になります」と言われました。


ん?と思い、児童相談所での事を話したところ、別の担当者が来て申請してみても良いとの事でした。


以前役所の福祉課で頂いた案内にはB1、B2は一部支給対象とのみ記載があるので、その辺はとても曖昧なのだと思います。


そして、聞きに行った窓口の担当者の方の対応によっても大きく違うのでは?と今回思いました。(そもそも受け付けて貰えなければ申請すら出来ないので)


何にせよ、うちのようにボンビー家庭には有り難い制度だと思っています。出来れば去年の手術やてんかん治療の入院中に欲しかったけど(・・;)


何が言いたかったか?と言うと、B2判定でも特児は頂ける場合がありますよ!というお話でした。


手術待機、保育園受入れ困難等、色々な事情で働けないママさんの役立つ情報になりますように。


にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村←ご覧頂きありがとうございます!ポチっとお願いします!


PVアクセスランキング にほんブログ村